思うこと・・・

2007年7月16日 (月)

誰かが飛ばした想い・・・

 こんな事があった。 これは実際に体験したことなのだけど・・・。
 ある年の夏。7月の下旬の頃のお話。土曜日。午後11時30分頃。
 眠っていたら、急に胸が苦しくなった。
 痛いような、ため息のでそうな、 叫びだしたいような、苦しさ。やるせない、苦しさ。
 これは私の想いじゃない。誰かが想いを飛ばしている。眠れない。1時間ほどしてその痛みは消えた。
 ほっと息をついて窓の外を見ると満天の星の中、半分欠けた月が 冴え冴えと下界を照らしていた。
「おいおい~~~、どうしろってんだよ!」って言う状態でした。(^^;)
 これが3日間も続いて、こっちの身が持たんと言うことで 該当しそうな人、何人かに電話したところ、見事該当者にヒットした。思わず、笑ってしまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロローグ~夢を見ること~

 総天然色で、時にはSF、時には神話、時には歴史叙情詩。その主人公になったり、少女になったり、神になったり青年になったり、夢の中の私は忙しい。
 夢は夢でしかない。けれど、時々不思議なことがおこる。それは、夢のはずなのに、現実であったりすることだ。
 私は夢の中で、ある人達に出会った。その人達も私も、夢を見る時々で年齢も身分も違う。そして、その人達は現実にこの世にいた。思いも寄らぬ、出会いに、驚嘆すると共に、人の「縁~えにし~」の深さを思った。
 それは、ちょっとだけミステリー
 ちょっとだけファンタジー
 ちょっとだけノスタルジー
そして、恋心20%の友情でもあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)