« 七色に輝くもの | トップページ

2007年7月30日 (月)

急上昇

 海の底から、空へ出るのだろうか。それとも噴射が起こす水しぶきなのだろうか。後ろに向かってGがかかる。動けない。目の前に細かい泡が浮いた海が見える。だんだんと海は明るくなり、一瞬真っ白な波しぶきとともに外へ出た。
 海の表面は穏やかで、空は真っ青に広がっている。
「海は穏やかなのですね。」
「そうですね。穏やかな日もあれば、荒れ狂う日もありますよ。」
「そうなのですか。わたくし、海をこんなに近くで見るのは初めてです。」
「宮からはお見えになりませんからね。」
「とても美しい。あなたはいつもこの海をご覧になっているのですね。」
 そう会話をしているうちに、目の前に広がる海は遥か下方に移り、そのうち空しか見えなくなった。

|

« 七色に輝くもの | トップページ

1万2千年前の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七色に輝くもの | トップページ