2007年7月30日 (月)

急上昇

 海の底から、空へ出るのだろうか。それとも噴射が起こす水しぶきなのだろうか。後ろ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

七色に輝くもの

 場所ははっきり覚えていない。  私はそれがうまくできているのかどうかを確かめる...

» 続きを読む

| | コメント (0)

本当の首謀者は・・・

 夜、だと思う。うっすらと照らす月明かりのもと。  欄干のついた縁を目指して、私...

» 続きを読む

| | コメント (0)

竜王山その2

 川幅はどうだろう。5メートルあるかないか。いや、もっと広くて10メートルくらい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

竜王山その1

 家族で旅行に行った夢。  お泊まりはペンションのようだった。一軒家のようなとこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

続けて二つ

二つ続けて夢を見た。 まずはじめ。  天に輝く太陽に向かって、神名を告げれば、契...

» 続きを読む

| | コメント (0)

駐車場

 かなり急な坂だった時間は夕暮れから夜へと変化していく頃だ。  山の中の村のよう...

» 続きを読む

| | コメント (0)

そんなこといわれても。。。

 私は子供を産む直前までグラフィックデザイナーという職業に就いていた。雑誌の編集...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ソフトクリーム

 ずいぶん前の夢。夢の中で私は、小学校1年生くらいの男の子の世話をしていた。彼を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃えてるよ

 偶然母と出会った。店先で二人してあれやこれやと物色する。  店の向かい側にはこ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修行場

 山の奥。まるで新興宗教団体の修行場のような場所。  私たちは、そこへ連れられて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰かが飛ばした想い・・・

 こんな事があった。 これは実際に体験したことなのだけど・・・。  ある年の夏。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三輪山にて・・・

 冬至の三輪山へ仲間と行くと言う夢。  昼間はいろんな所をまわったのだろう。宿へ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 洞窟を通ってどこかへ逃がしてもらう夢。  しめった洞窟の中を、背の高い青年に掴...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプ

 近未来なメタリックな渦巻きの建物。  内側の壁には階段が付いていて、それを上る...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だから、何?

 少年の思いが、殺戮を引き起こす。  人としての感情も何もない。伝わってくるのは...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンの調子が悪いんですよ。

 朝方見た夢はSさんとSSさんと背の高いとっても細い御仁と女性3人くらいで飛鳥へ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、それは何処か・・・

聖法王は童女を連れて、各地をまわった。 そして、伊勢の御山へたどり着いたとき、少...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しくない夢

 U市の近くの小さな村。  小さい村なのに、村の鎮守様は式年遷宮される。  しか...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧家

 その日、私は友人とその小さな娘さんと3人で旅行に行っていた。  どこかの古い町...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右目の痛みは癒える

 その夢で私は最初は女で、最後は男だった。旧知の仲間と再会した。  5人くらいの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人をうまく使うのがおまえの仕事だろう!!

 時にはテレビドラマのワンシーンのような夢を見ることもある。もうずいぶん前に勤め...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気・・・なれど、波高し

 こんな日だというのに、深い緑は変わらない。不思議と穏やかさの漂う静けさの中、私...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴神の道は細くて険しい

 岩や石、木組み、などでできた細い道を歩いている。  私は家族とその道の脇にある...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝の裏側

 深い深い緑の中だった。下方には川のせせらぎが聞こえてくる。誰も足を踏み入れるこ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行く先は・・・

 2年ほど前、まだ、SさんとPさんに出逢ったばかりの頃。まだ、お二人の顔も、姿も...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹林の里で

 山道をバスは走る。その日はとても天気が良くて、日が燦々と降り注いでいた。  僕...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太古の記憶

 その夢は、唐突に始まり、唐突にさめた。  憶えている情報は数少ない。私はその建...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通信世界での出会い

 もう、はっきり憶えていない。何が、きっかけで私はSさんとメールを交わしたのだろ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロローグ~夢を見ること~

 総天然色で、時にはSF、時には神話、時には歴史叙情詩。その主人公になったり、少...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)